【つらい時に寝る事しかできない事のメリット・デメリット】

うつ病になった時って基本的に、布団からおさらばできるまでに

時間がかかった人は多数いるのでは?と思います。

正直、「寝たくてねてるんじゃない!起きれないんだ!」と思ってる人は多いとおもいます。

でも、寝てることが私はそこまで悪いとは思いません。それは休息を体が欲しているのだから。

といいつつ、やはり動けないという事はデメリットもあります。私にとってのメリット・デメリット

の意見ですが、もし同じ思いの人が居るなら、悪い事ではないと思ってほしいです。

ではではメリットからっ!

【メリット】

・朝から起きなくていい

自分感覚ですが、うつ病にかかった方の大半が朝が起きれないという方が多いと思います。

もうね、無理やりはがさないと起きれないなんて時もありました。

だから、布団から抜け出すまでにかなり時間かかります。

でも、もう体がいう事聞かないから、仕方がないのです!自分の意志とかでもなく!

と思ってから、朝起きなくてよくなり、気が楽になりました。

・休息がとれる

いままで頑張ってきた人がなる事が多いうつ病の人はそもそも休息というものをとっていないのでは

と思うくらい、追い詰めてる気がします。

正直、追い詰めすぎて倒れる、自殺するなら、寝ててもいいと思います。

休息とろ!!!

・冬はあたたかい

うつと関係ないじゃんと思われそうですが、冬ってほんと色々億劫になるとかで、

そんな自分を奮起させるのも大事ですが、布団温かいです。

夏の時より布団いいよねってなります。

寝てたらあったかい布団といられるの、私はメリットでは?wwと思ってます。

ですが【デメリット】もあります。

【デメリット】

・体がなまる

多分、以前より筋肉量かなーーーり落ちましたw

骨とか大丈夫かなと思ったりするので、筋トレとかしないとなと

ひしひし感じます。

・寝すぎると夜に寝れない

あまりに寝すぎるとほんと夜眠れないです。

これに関しては、私は前々から夜型なので、寝すぎてもあまり関係ないかもしれないですがw

・不安になる

布団の中で、このままでいいのかなと一度は考えた人いるのではないでしょうか?

私も、一時期そんな頃ありました。無気力で、このままでいいのか

何かしなければと思い布団から出て、何かと思いますが正直無気力な時はほぼ

頭も働かないものです。布団は考える所ではないなと感じてます。

【まとめ】

寝る事は悪くないよ~!

動けるようになったら動こう(*’ω’*)

デメリットは、布団からでれるようになってきたら薄まってくるもんだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です